DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニコレ祭だよ~

Thu.24.05.2007
0 comments
ac

久々にdigitalconvenienceを見たら、なんとANIMAL COLLECTIVEの新作が9月にリリースされるという記事が載っていて、嬉しい。タイトルは『Strawberry Jam』。素敵!

というわけでアニコレの思い出を一つ。

ANIMAL COLLECTIVEは2006年の3月に渋谷のO-WESTでライブをやった。僕はそれを観に行ったのです。新潟からわざわざ観に行った人なんて、僕だけじゃないか。というのが、ちょっとした自慢(本当のところは分からないけど)。
実はこれが僕の初めてのライブ体験だった。ライブの楽しさを教えてくれたのは間違いなくANIMALCOLLECTIVEだ。本当に素晴らしいライブだったなあ。

予習のためにも僕は『feels』と『Sung Tongs』を毎日聴いていたけど、この動物たちはそのアルバムからは4、5曲しか演奏しなかった。あとは全て新曲で、僕は驚いた。

『Riverend Green』『Peace Bone』(どちらも新曲)はとてもかっこいい曲だったし、『We Tigers』は狂ってた。『Banshee Beat』は会場の雰囲気を一気に、完璧に変えてしまった。ラストの『Purple Bottle』ではみんなが歌い、踊り狂った。

ライブが終わり、ディーケンとジオロジストが機材の片付けをしているところに近づいて、CDにサインしてもらった。握手もした。田舎者根性丸出しですね。感動しすぎて「サンキュー」しか出てこなかった。本当はエイヴィ・テアとパンダ・ベアとも話したかったけど、この2人はなかなか裏から出てこなかったし、帰りの電車の時間のこともあったから、諦めて会場を出た。次のアルバムもすごいものになりそうだな、なんて考えながら渋谷の街を駅に向かって歩いた。

初めてのライブだったから新鮮で、こんな風によく覚えている。とてもいい思い出だ。


新作の発売も決まったし、今日は一人でアニコレ祭だ!いつもより多くお気に入りビデオを貼っつけてみよう。

まずは思い出の曲、『Peace Bone』。新しいアルバムでどういうアレンジになっているか楽しみです。


Sweet Road』。いろんなファンがビデオを作ってますが、これは特に好きです。


最後は『Winter's Love』。





スポンサーサイト

テーマ : お気に入りアーティスト - ジャンル : 音楽

タグ : ANIMALCOLLECTIVE アニマル・コレクティヴ PANDABEAR

『JOANNA NEWSOM & THE YS STREET BAND EP』

Sat.19.05.2007
3 comments
joanna newsom

ハープの弾き語りをする異色のアーティスト、ジョアンナ・ニューサムの新しいEPが出た。

曲数は3曲と少ないけれど、内容がとても濃い。アルバム並みに聴かせる素晴らしい作品だ。

全曲良いけれど、僕がこれを聴いて一番感動したのは、新曲『COLLEEN』でも、前作からの『COSMIA』でもなく、1stアルバムからの『Clam, Crab, Cockle, Cowrie』だった。

『Clam, Crab, Cockle, Cowrie』は1stアルバムのラストを飾る、とても静かな曲だ。このEPで男性のバッキングボーカルが加わったこと以外にアレンジの変化は見受けられないが、大きく変わったものがひとつある。
それはジョアンナ・ニューサムの声だ。1stアルバムのときと比べても、格段に深みが増しているように聴こえる。この曲の歌詞は少し寂しい。でも彼女の声はすごくあたたかい。何もかも洗い流してくれる、そんな優しい声。

この人の存在を教えてくれたT山くんに感謝しなきゃな。僕は素晴らしい友達を持ったよ。






テーマ : 女性アーティスト - ジャンル : 音楽

タグ : JOANNA NEWSOM ジョアンナ・ニューサム YS フリー・フォーク ハープ

『シャイニング』&『サイコ』

Mon.14.05.2007
0 comments
このところ、ホラー映画をよく見ています。
少し前まではホラーなんて絶対ダメでしたが、ホラー映画を紹介する『アメリカン・ナイトメア』という映画を見てから、考えが変わりました。この映画はホラー嫌いの方にもおすすめです。

で、今回見たのはスタンリー・キューブリックの『シャイニング』とアルフレッド・ヒッチコックの『サイコ』。

shiningpsycho
  ↑パッケージからしてヤバイじゃないか・・・。

どちらも人間の怖さを描いた作品だったと思います。こういう映画って幽霊とか怪物なんかが出てくるものよりもずっと怖いです。
あと、音楽の効果はやっぱりすごいですね。『シャイニング』で常に聴こえてくるノイズとか『サイコ』の殺人シーンの音楽とか。

ああ、今夜も眠れないんだろうな・・・。でも好奇心でつい見てしまう・・・。

次はジョージ・A・ロメロの『死霊のえじき』だ!

テーマ : ホラー - ジャンル : 映画

タグ : シャイニング キューブリック ヒッチコック サイコ

金欠と、くるり 『ワンダーフォーゲル』

Wed.09.05.2007
2 comments
最近お金があまり無くて、洋楽の新作CDが欲しくても買えない状況が続いています。どうしてお金が無いんだろうか、と考えているうちに、ひとつの要因にたどり着きました。
「くるりの中古盤を買い漁っているからだ…」

single

僕、本当にくるりが好きなんですよ。好き過ぎて、シングルCDまで集め始めたくらい…。中古盤屋にまだ持ってないシングルがあると、つい買ってしまいます。
それでお金が無いんだなあ。どうにかしたいけど、無理かもしれません。好きなものは深くまで掘り下げないと気が済まなくなる性格なので。つまり音楽でも小説でも、気に入った人の作品を全部揃えないとイヤという、大変困った性格です社会人になって破滅型の人生を送ることにならないか心配だ…


そんなことは忘れて、シングル『ワンダーフォーゲル』について書こう。

wangeru

『ノッチ5555』という曲がこの初回盤にだけ収録されており、しかも超名曲であるともっぱらの噂、ならば買うしかないですよ!
シングルにしてはちょっと高い値段で購入。そして真っ先に『ノッチ5555』を聴いてみました。

最高です。疾走感があって、聴いてるだけで元気が湧いてくる感じ。ベスト盤に収録されないことに不満が出たのもうなずけます。
このシングルは他の曲も良いです。タイトル曲『ワンダーフォーゲル』はもう言うまでもないですが、僕は『サマースナイパー』のけだるい感じがとても好きです。『箱根ワンダー』のオルゴールもすごくいい。

シングルを集めていて思うんですが、カップリングって面白いです。あまり目立つことはないけど、バンドの試行錯誤や遊び心がよく表れる部分ですね。カップリングを聴けば、そのバンドが分かる…ってのは言い過ぎかもしれないけど。でも曲の流れを重視したアルバムからは伝わってこないものが、そこには確実に存在していると思います。
好きなバンドやアーティストに聴き慣れてしまったら、カップリングを聴いてみるといいですよ。新しい発見が必ずありますから。




テーマ : お気に入りアーティスト - ジャンル : 音楽

タグ : くるり ワンダーフォーゲル ノッチ5555 サマースナイパー

CLAP YOUR HANDS SAY YEAH 『SOME LOUD THUNDER』

Sat.05.05.2007
0 comments
someloudthunder

2月頃に買ったものなんですが、今になって聴き込んでいます。
1stアルバムからがらっと雰囲気の変わったこの2ndアルバム。最初はその変化に耳が追いつきませんでした。僕もまだまだ未熟な洋楽リスナーです。

1stの雰囲気はすごく好きでしたが、その頃のバンドのイメージにはどこかファンを不安にさせるところがあったと思います。特にライブ音源がアルバム音源と全く変わらないところを聴くと「このバンド、これからちゃんと発展していくんだろうか…」なんてよく思いましたよ。「たとえ一発屋でもこんな素晴らしいアルバムがあるんだから、それでいいや!」って、あんまり2ndに期待しないようにしていました。

そして…その考えは間違いでした!この作品はそんな不安を吹き飛ばしてくれる大傑作でしたよ。前作は疾走感あふれるポップさでまとめられていましたが、今作は多種多様な音づくりが試されていて、バンドが全く新しい地点に到達したことがわかります。こんなにすごいバンドだったなんて!
どの曲も深みを感じさせるし、演奏も声もすごく逞しくなりましたね。中心人物のアレックの天才ぶりが今後どう発揮されていくのか、本当に楽しみになってきました。このバンドをフジロックで見られる人たちが羨ましい!!!





1stの曲もやっぱりいいなあ、ということで『Over and Over Again (Lost & Found)』をどうぞ。とてもいいPVですが、見ていると目が回ります…







テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

タグ : CLAPYOURHANDSSAYYEAH フジロック クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。