DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるり 『ワルツを踊れ Tanz Walzer』

Thu.28.06.2007
0 comments
walzer

いやあ…素晴らしい。これは全く新しいくるりだ。今までのアルバムが霞んで見えてしまうほどの大傑作だと思う。

「クラシックからの影響」という雑誌などでのアナウンスから、単なるストリングスアレンジを施しただけの楽曲を想像していたファンも多いんじゃないだろうか。実は僕もその点を少しだけ心配していた。それは前進でもなんでもないと思うから。くるりは今まで様々な音楽の影響を受け、自分たちのスタイルまでをも変え続けていつも新しい音を届けてくれた。だからクラシックの影響を受けることも当然予想できたけれど、それだけにちょっと不安な面もあった。だってロックとクラシックといったら、ただのストリングスアレンジか、もしくはプログレみたいな音楽をどうしても想像しちゃうもんね。

でもやっぱりくるりはすごい。新しいアルバムは僕の不安を少しも掠りはしなかった。ていうか、くるりに限らず好きなバンドの新作に不安を抱きすぎだよ。ばか。阿呆。変態。

すぐに本題に入りたくてもこんな無駄な前置きを書いてしまうのは悪い癖だ。治したい。

で、とにかくこのアルバムは素晴らしい。
クラシック音楽からの影響をを消化・昇華している。例えばそれはリズム主体ではなくてメロディー主体の曲作りとか、奇数拍子や変拍子の使用とかに具体的に表れている。
でも一番大切だと思うのは、このロックバンドの作ったアルバムが、クラシック音楽を聴いたときのような感動を与えてくれることだと思う。
僕はポピュラー音楽とクラシック音楽では、聴いたときの感動の質が全く違うと思っている。ポップスは曲に合わせてダンスしたり歌詞に自分を重ね合わせたりして「共感」(=感動)することが多いと思うが、クラシックにはポップスみたいな歌詞もお決まりのビートも無い。コンサートでもCDでもいいけれど、「音」そのものを全身に浴びて、生まれ変わったような生き生きとした気持ちにさせてくれる。もっと大げさに言えば、生きていることを実感させてくれる。
そんな、クラシック音楽を聴いているときに感じる「生きる喜び」みたいな感覚が、このアルバムには満ち溢れていると思う。今まで僕はくるりの音楽を聴くときにあの独特の切ない歌詞を重視していた。でも今回は「音」そのものが大事だと思うのだ。共感を求めるだけではなくて、音楽を聴くことそれ自体を楽しむことが大事なんだと、教えられた気がする。とにかく、聴いているうちはひたすら楽しいのだ。
そしてひとつひとつの曲の美しいメロディーが、誰の頭の中にもあるような懐かしい音楽を想い起こさせる。ライナーノーツやオフィシャルサイトの岸田日記にも書いてあったように、夕暮れ時にどこからか聞こえてくる『新世界より』の第2楽章のような、普遍的な懐かしい響きを持った曲が多い。僕が試聴の段階で「より多くの人に向けられている」と感じたのはそのせいだと思う。こんな風に音楽を通して共有された記憶で、人々は国境を超えて繋がっているのだということを岸田は書いている。
よく日本のつまらないポップ・シンガーとかが海外でレコーディングする話を聞くが、僕にはそうすることの意味が全く分からない。でもこのアルバムがウィーンで製作されたことには深い意味がある。


前の記事で「それぞれの曲についてまた今度書きます」ということを書いたけれど、全曲とても素晴らしいのでそれは無理だということが発覚した。だってもうこんなに文章を書いたのだ。疲れてしまった。1曲ずつ感想を書く元気はもう無い。また今度書こうと思う。

とりあえず今日は、『ハム食べたい』の「ハム」は女の子の太ももだ、と書いて終わろう。





くるり『JUBILEE』PV





スポンサーサイト

テーマ : お気に入りミュージシャン - ジャンル : 音楽

タグ : くるり ワルツを踊れ jubilee ハム食べたい クラシック

ニューアルバムを聴いた!

Fri.22.06.2007
0 comments
24日まで、くるりMySpaceでニューアルバム『ワルツを踊れTanz Walzer』の全曲フル試聴(すげえ!)ができます。

試聴をするとアルバムを買ったときの感動が薄れてしまうような気がして、最初は無視することにしていたんですが……無理です。我慢できませんでした。ちゃっかり「全曲フル試聴」しちゃいましたよ。

ひととおり聴いてみて、確実に進歩しているなあ、と感じました。くるりの場合、デビュー時から成熟していたようなものなので何が「進歩」と言えるのか難しいです。でも一聴して「いい!」と思える曲が多くて、今までくるりを聴いたことのない人にとっても聴きやすいものになっていると思います。

それぞれの曲については、アルバムを買った後、よく聴きこんでから書こうと思います。

krlkrl
(オフィシャルサイトより)

タグ : くるり ワルツを踊れ

くるり 『THE WORLD IS MINE』

Thu.21.06.2007
2 comments
wim

新しいアルバムの発売が来週に迫ってわくわくしています。自分の中のくるり好き度メーターが頂点に達して、所有しているCDは沢山あるのに、本当にくるりばかり聴いて生活しています。

この前、夜中にむしゃくしゃしてバイパスをドライブしました。それでどうしようもなく『THE WORLD IS MINE』が聴きたくなって中古盤屋に向かい、買ってきました。実はレンタルの録音でずっと聴いてて、持ってなかったんですよ。

このアルバムはくるりの作品の中でもいちばんディープです。1曲目の『GUILTY』から、もう本当に暗い。アコギのイントロに続いて、岸田の頼りない声でつぶやくように歌われる歌詞がすごいです。


GUILTY   詞:岸田繁

いっそ悪いことやって
つかまってしまおうかな
欲しいものは諦めてる
持ってるものにも飽きてきた
どうにもならんし

どうにかなるかな?
金持ったら変わるんかな
誰かを守るために変われるかな
すぐに忘れるわ
こんなこと



とまあ、この絶望的な諦めの歌が、そのときは自分の心にじわっと沁み込んできたんです。
あと『ワールズエンド・スーパーノヴァ』もグッと来ましたねえ。ダンスフロアで踊って何もかも忘れてしまう「僕ら」の、享楽の裏にある哀しさがなんともいえずいいです。『GUILTY』も『ワールズエンド・スーパーノヴァ』も音と歌詞が完璧に結びついていて本当に素晴らしい。岸田繁はなんでこんな曲が書けるんだろう?

暗めな曲が割と印象的なアルバムですが、『GO BACK TO CHINA』とか『水中モーター』、『THANK YOU MY GIRL』『男の子と女の子』なんかの曲はその中でも異色です。というか、暗いとか明るいとかでは説明できない、1曲1曲の個性があまりにも際立っているアルバムだと思います。そういう意味でもこの作品はディープです。
まあでも、「暗い」印象をどうしても拭えないアルバムではあります。暗い気分のときに発作的に聴きたくなるし。''THE WORLD IS MINE''(世界は僕のもの)っていう子どもじみた妄想みたいなものが、全体を覆っているような気がしますね。

これでくるりのアルバムは全部揃えた!沢山聴き返して、あとは新作を待つのみです。


『GUILTY』ライブ。



『ワールズエンド・スーパーノヴァ』pv。



『男の子と女の子』ライブ。MCですげぇいいこと言ってます。




テーマ : お気に入りミュージシャン - ジャンル : 音楽

タグ : くるり theworldismine guilty ワールズエンド・スーパーノヴァ

くるり 『HOW TO GO』

Wed.06.06.2007
0 comments
howtogo

また「くるり」ぃ~?という声が聞こえてきそうですが、我慢してください。azさんに貸したついでに、このCDについて何か書きたくなりました。
以前にも『ワンダーフォーゲル』について書きましたが、今回のシングルがいちばんのお気に入りです。

タイトル曲の『HOW TO GO』が大好きです。くるりの曲の中でも一、二を争う渋さですが、そこがいいのです。恐ろしく完成度の高い、しかもものすごくかっこいい曲。どこにも文句の付けようがないし、いくら褒めても足りない。完璧です。

そしてカップリングの『すけべな女の子』がまた素晴らしいです。実はこの曲がきっかけでシングルを集め始めました。

「いったいどんな歌詞なんだろう?タイトルが『すけべな女の子』、ってことは……とってもすけべな歌詞に違いない…」という、全く救いようのないエロ真っ盛りの中学生的な発想から、この曲だけを目当てにシングルを買ったのです。実際に聴いてみるとそれほどすけべではなく、とてもとてもがっかりした覚えがあります。「期待してたのに!全然すけべじゃないじゃないの!」ってな感じで。でもすごくかっこよくて、すぐにこの曲の魅力にとりつかれてしまいました。まったく、いーい曲ですよ。

このシングルが出た頃は、メンバーの脱退を乗り越えて、かつての打ち込みをベースにした音作りから再びバンドの音を取り戻した時期でもあります。バンドにしか出せない力強い音で新たな出発点に立ったシングル『HOW TO GO』は、「俺ら、これからも前進していきますんで」という彼らなりの宣言だったんだと思います。リアルタイムでこれを聴いたら、マジで感動していたんじゃないかな。

こんなふうに壁にぶち当たってスタイルを変えてまでも、バンドとして転がり続けているから、僕はくるりを愛さずにはいられないんだろうな。


『HOW TO GO』PV


『すけべな女の子』PV




テーマ : お気に入りミュージシャン - ジャンル : 音楽

タグ : くるり ワンダーフォーゲル すけべな女の子 HOWTOGO シングル

くるり 『JUBILEE』

Sat.02.06.2007
2 comments
くるりのニューシングルが出ました!

jubilee

この日を心待ちにしてました。発売日にHMVまでいつもより速めに車を走らせて、購入。で、帰りの車で聴くようなことはしません。家に着いてから、コンポに向き合ってじっくり聴きました。

またしても、くるりは新しいスタイルを自分たちのものにしてしまったようです。これは新しいアルバムからの先行シングルで、オーストリアのウィーンでレコーディングされました。というわけで、岸田繁も言っているようにクラシック音楽から影響を受けています。
聴く前は「クラシック音楽からの影響」ってどんなんだ?と思っていましたが、何度も聴いていくうちに、なんとなくだけど分かったような気がしました。amazonなどで書かれているように、構成の美しさというか…。ここ数年間、くるりはとてもシンプルでより普遍的な「音楽」を作っていますが、その過程でクラシックの要素を取り入れたのは必然かも、と思いました。

1曲目を聴き終えて感動する間もなく、始まった『ヘイ!マイマイ!』には驚かされました。全然クラシックじゃねぇ!!!思いっきり「くるり」なロックで、『図鑑』の頃をちょっと髣髴とさせます。『JUBILEE』より気に入ってしまいました。こういう曲があると、アルバムがどんな風になるかまったく予想できませんねぇ。でもきっとすごく面白いものになると思います!

新しいアルバム『ワルツを踊れ/Tanz Walzer』の発売日まで、これを何度も聴いて気持ちを高めようと思います。
アルバム収録の『ハム食べたい』って曲、気になるなぁ……



テーマ : お気に入りミュージシャン - ジャンル : 音楽

タグ : くるり JUBILEE 図鑑 ワルツを踊れ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。