DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANIMAL COLLECTIVE 『Sung Tongs』

Mon.31.12.2007
1 comments
st

冬になると聴きたくなるアルバム。冬の透き通った空気がこの『Sung Tongs』にはそのまま閉じ込められているかのようだ。

久しぶりに聴いてみたのだが、アコギを中心にしてこんなにも多彩なアルバムを作れるのかと、改めて驚かされた。
いい曲ばかりだけど、特にメンバーがウサギとカメに扮したPVが最高な「Who Could Win A Rabbit」と「Winter's Love」はメロディーが美しい名曲だ。

僕がアニコレを好きなのは、自然や動物の繊細さと獰猛さを一曲一曲に感じるからだ。そして彼ら自身が、動物みたいだからだ。

Animal Collective - Who Could Win A Rabbit


Animal Collective - Winter's Love


Animal Collective - Interview (2003)





スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

タグ : ANIMALCOLLECTIVE sungtongs

今年の音楽を振り返ってみる(改)

Thu.27.12.2007
0 comments
気付いたらもう年末だー……
というわけで、今年聴いた音楽を振り返ってみようと思います。


俺が勝手に決める、今年リリースされたアルバムベスト10
1.Akron/Family 『LOVE IS SIMPLE』
2.ゆらゆら帝国 『空洞です』
3.Animal Collective 『STRAWBERRY JAM』
4.くるり 『ワルツを踊れ Tanz Walzer』
5.Iron&Wine 『THE SHEPERD'S DOG』
6.Battles 『MIRRORED』
7.Radiohead 『IN RAINBOWS』
8.Thurston Moore 『TREES OUTSIDE THE ACADEMY』
9.Soft Circle 『FULL BLOOM』
10.Savath&Savalas 『GOLDEN POLLEN』 

 今年は下半期になってから好きなバンドの新作がどんどん発売され、かなり充実した1年だった。
1位は文句なしでAkron/Familyの新作!これはマジで傑作だ。

・ゆらゆら帝国とくるりの新作は、お先真っ暗な日本の音楽シーンにおいて希望を感じさせてくれるものだった。『空洞です』はどんなアルバムよりも中毒性があって、聴いてて本当に気持ちいい。最高。くるりの『ワルツを踊れ』も最高。ライブも感動的だった。
・洋楽のほうは今年も豊作。Radiohead、Animal Collective、Akron/Familyのリリースはとても嬉しかった。どのバンドも前作から期待以上の飛躍が見られて、ファンとしてはもう言うこと無し。
・今年初めて聴いたIron&WineやBattles、Savath&Savalasも良かった…。こういう素晴らしいアーティストがいるから、洋楽を聴くことは楽しい。
・サーストンのソロと、ヒシャム・バルーチャのソロ・プロジェクトSoft Circleも良かった。これからもアンダーグラウンドでの旺盛な活動を期待します。



今年発売じゃないけどよく聴いたCD5枚(順不同)
・Owen 『AT HOME WITH OWEN』
・Hefner 『BREAKING GOD'S HEART』
・Boards of Canada 『THE CAMPFIRE HEADPHASE』
・Cornelius 『SENSUOUS』
・Joki Freund Sextet 『YOGI JAZZ』

この5枚はかなり気に入っていて、本当によく聴いた。来年からもずっと聴き続けるだろう。特にOwenは、今年出会ったアーティストでいちばん好きだ。Owenサイコー。

来年も素晴らしい音楽に出会えるといいなあと思う。


ak y ac
qrl iw bt
rh th sc
ss ow hefner
bc co joki




テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

タグ : くるり ANIMALCOLLECTIVE owen ゆらゆら帝国 sonicyouth battles radiohead akron/family

岡崎京子 『うたかたの日々』

Tue.25.12.2007
0 comments
utakata

僕は漫画をあまり読まないが、好きな漫画家は何人かいる。岡崎京子もそのうちの一人だ。
2年のとき、柿Pさんに「岡崎京子が好きなんすよ~」と言ったら、何冊も貸してくださって、一気読みした覚えがある。
でもボリス・ヴィアンの小説を漫画化した『うたかたの日々』だけは読んだことがなくて、まあ卒論のテーマもボリス・ヴィアンだし、息抜きに読んでみようと思って購入した。

今、小説の『うたかたの日々』をイヤというほど読み込んでいるので、自分が思い描いていたイメージと漫画の相違が気になった。特にパルトルはもっと太っちょで融通が利かない感じに描いてほしかった!!…まあこれは仕方がない。
でもこれだけは強く言いたいのだが、いくつかの重要な場面が、絵ではなく原作を引用した文字だけで説明されているのはとても残念だった。文章を多用する描き方は岡崎京子の特徴でもあるのだが、原作がある以上、それに頼るのではなくもっと自分の絵で描ききって欲しかった。ボリス・ヴィアンも岡崎京子も好きだからこそ、そう思うのだ。

でも主人公のコランとクロエはよく描かれていると思う。彼らが初めて出会う場面や結婚式の場面は本当に美しいし、クロエの病気によって破滅へと向かってゆくその痛みは、岡崎京子にしか描けないものだと思う。特にアパルトマンが段々と荒廃してゆく様子や沼地に呆然と立ちすくむコランの姿はどうしようもなくやるせない。

この漫画を読んで、原作の素晴らしさを再認識できたし、卒論ももっと頑張って書こうと思った。


タグ : 岡崎京子 ボリス・ヴィアン うたかたの日々 日々の泡

american football 『american football』

Thu.20.12.2007
0 comments
amehuto

最近は専らキンセラ兄弟の関わったバンドのCDを聴いている。彼らの活動は本当に面白い。
これは弟のマイク・キンセラがCAP'N JAZZ解散後に組んだamerican footballというバンドの唯一のアルバムだ。マイク・キンセラの若い声に何より感動した。彼がボーカルを取ったのはおそらくこのバンドが最初だが、最初からこんなにも歌心あふれるボーカリストだったのかと思うと、驚きだ。
1曲目の「never meant」は大好きだ。彼がOWENとして活動を始めてからも演奏されているようだが、それだけ思い入れのある曲なのだろうか。この曲のイントロを聴くと目の前に曇り空が広がっていくように感じる。トランペットのメロディーが郷愁を感じさせる2曲目「the summer ends」や4曲目「for sure.」もいい。
ギターのアルペジオが全編を通して美しくとても印象的だが、それは現在のOWENの曲までずっと通じているものだと思う。だから彼の特徴はこのアルバムにすでによく表れているのだ。OWENのファンは絶対聴いたほうがいいと思います。


american football 「never meant」





テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

タグ : owen americanfootball joanofarc

ジャック・ケッチャム 『地下室の箱』

Mon.17.12.2007
0 comments
ケッチャム

卒論そっちのけで最後まで読んでしまった……。
ジャック・ケッチャムは、「胸クソ悪くなる小説を書かせたら右に出るものはいない」と評判の小説家である。そして、「面白いからこれ読んでみてよ」などと気軽に人に勧めることが絶対にできない小説家でもある。
僕はこれで3冊目(『オフ・シーズン』、『老人と犬』、そしてこの『地下室の箱』)だが、未だにケッチャムの世界に慣れることができない。今回もやっぱり胃がキリキリ痛んで、吐き気をもよおした。でも主人公の運命が気になって、ページをめくらずにはいられない。
ケッチャムを読むことは本当にスリリングな体験だと思う。主人公の置かれた状況が少しでも良くなるように祈りつつ(でもそれが無理なのは分かっている)ページをめくるが、そこには思った通り、いやそれ以上に最悪な展開が繰り広げられるのだ。そしてその度に読者は衝撃を受ける。じっさい、読んだ後はかなり疲れるし、最低最悪な気分になる。「こんなもん、読まなきゃよかった…」っていうセリフはケッチャムの小説のためにあるようなものだ。
でもだから彼が狂った人間かといったらそうではない。彼がとても人道的な立場から小説を書いていることは明らかだ。そこが単なるスプラッター小説にはない深みを作品に与えているのだろう。



テーマ : 文学・小説 - ジャンル : 小説・文学

タグ : ジャック・ケッチャム 地下室の箱

Hefner 『Breaking God's Heart』

Sat.15.12.2007
0 comments
hefner

ここ日本でHefnerというバンドを知っている人が何人いるだろうか。今ではすっかり忘れ去られているかもしれない。でも本当に素晴らしいバンドだ。

このバンドの音と出会ったのは今年に入ってからのこと。新潟市にあるアールストックという中古盤屋で流れていたのを聴いて、ああいいな、と思った。そのときは買わずに帰ったのだが、その音がどうにも忘れられなくて、次に店に行ったときに買ったのだった。

僕が何より惹かれたのは、トム・ヴァーラインを思わせるボーカルとカチッとしたギターの音、そしてそんなエッジの効いた音があるにもかかわらず全体的にはなよなよとして冴えない雰囲気がかもし出されているところだ。
大まかに言えばギターポップということになるのだろうが、多くのギターポップのバンドが表面的でわかりやすいポップさしか表現できないのに対して、このHefnerは地味ながらもじんわりと心に沁みるメロディーを持っている。

1stアルバムであるこの『Breaking God's Heart』は雑然としている感じはあるが、その才能を思い知らせるには十分な魅力を秘めている。4曲目の「Love Will Destroy Us in the End」は1度聴いたら忘れられない名曲である。

彼らは今では解散し、ボーカルのダレン・ヘイマンがソロで活動している。最近発売されたダレンの2ndアルバムを試聴してみたがこれも素晴らしいものだった。近いうちに購入してじっくり聴いてみたい。

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

タグ : Hefner ヘフナー

ミシェル・ウエルベック 『ある島の可能性』

Thu.13.12.2007
0 comments
ile

けっこう前に読み終えた、おなじみウエルベックの最新作。
この小説は「ネオ・ヒューマン」と呼ばれるダニエル24とダニエル25が、現代とほぼ同じ時間を生きていると思われるダニエル1の人生記に注釈を入れるという形式で進んでいく。

あらすじを詳しく述べるとこれから読む人の妨げになるので書けないが、ウエルベックの書くSFっぽい話はやっぱり面白いなあと思った。後半のダニエル25の彷徨と、その最後に描かれる光景は、なんだか荒涼としていて胸を打つものがあった。そして、ウエルベックは一貫して「愛を強く求めながら、それが叶わない」男たちを描いているが、その彼らを一人称と未来の「ネオ・ヒューマン」の視点の三人称から描いているところが何より新鮮だ。

訳者の中村佳子さんがあとがきで述べているが、『ある島の可能性』は『素粒子』の空白を埋めるような作品だ。だから、『ある島の可能性』を読んだ後はもう1回『素粒子』を読み返したくなる。
はっきり言ってしまえば、ぼくは『素粒子』のほうが断然面白いと思う。『素粒子』の壮大なスケール感は感動的だ。主人公についても、『ある島の可能性』のダニエル1より『素粒子』のブリュノのほうがもっとダメ人間で、面白い。『ある島の可能性』も、十分面白いんだけどね。

卒論を書き終えたら『素粒子』をまた読み返してみよう。

テーマ : 小説 - ジャンル : 小説・文学

タグ : ミシェル・ウエルベック ある島の可能性 素粒子

セルジュ・チェリビダッケ指揮 組曲『展覧会の絵』

Thu.06.12.2007
3 comments
tennrannkainoe

1週間程前に石丸電気で購入。
チェリビダッケの『展覧会の絵』といえば今年の4月にもライブ録音盤が発売されたが、それは結局聴かないまま今日まで来てしまった。
東芝EMIから出ているこのCDは部活の倉庫にも置いてあるのだが、このど迫力のジャケットだけでも十分買う価値はあるね!

ど迫力なのはジャケットだけではない。これは93年にミュンヘンで行われたコンサートのライブ録音なのだが、やはり聴衆を前にしないで行われる録音とは演奏者の気迫や緊張感が違うと思うのだ。聴衆の盛大な拍手や曲間の咳払いが、CDを聴くものの気持ちを高めてもくれる。そして何よりチェリビダッケの精神が曲の隅々に溢れ返っているのだ。カラヤンやゲルギエフなどの『展覧会の絵』も聴いてみたが、チェリビダッケの前には、その魅力も霞んでしまう。僕にとってはチェリビダッケの『展覧会の絵』が最高の演奏だ。

「グノーム」や「バーバ・ヤーガ」の迫力は尋常ではない。グロテスクな生き物がありありと頭の中に浮かんでくる。「ビドロ」の足取りはあまりに重く、「死者とともに死者の言葉で」はとても美しい。
そして、「キエフの大門」には祝福の光が溢れている。聴いているとまるで神聖な体験をしているみたいだ。聴くたびに感動して、大量の涙が勝手に流れてくる。初めて聴いたときなんかはちょうど御飯を食べていたから、茶碗に涙がこぼれて大変だった(汚くてすみません)。
1曲1曲を挙げていけばきりがないが、とにかく最初から最後まで鳥肌は立ちっぱなしである。こんなにも感動させられる演奏は、久しぶりに聴いた。

チェリビダッケの演奏は、なぜこんなにも「遅い」のか?僕自身その理由がよく分かっていないが、それはこの指揮者の精神の表れなのだろう。これからもっとよく調べてみることにする。


ギター部員の皆さん、定演ではいい演奏をしましょう!


テーマ : クラシック - ジャンル : 音楽

タグ : チェリビダッケ 展覧会の絵 ムソルグスキー

AKRON/FAMILY 『MEEK WARRIOR』

Mon.03.12.2007
0 comments
ak2

これはAKRON/FAMILYの、1stアルバムと2ndアルバムの間にリリースされたEP。日本盤にはANGELS OF LIGHTとのスプリット盤に収められていた曲がボーナストラックとして丸ごと収録されている。お得だ。

1stアルバムは静かで内省的なフォークという感じだったが、このEPは1曲目からドラムが勢いよく鳴らされて、もうその時点で1stとは全然違うアプローチであることが分かる。
フォーク調の曲も多いのだが、やっぱりこのEPではうるさくて暴力的でパワフルな曲が一際存在感を放っている。民族音楽やアヴァンギャルド・ロックやフリージャズやその他何でもかんでもが渾然一体となったようなこれらの曲は、かなり衝撃的だった。特に「The Rider」のボーカルが絶叫に変わるあたりは物凄く気分が高揚する。「Moment」の暴力的なまでのコーラスも、目が回るほどのかっこよさだ。


「Awake」 LIVE


「Moment」 LIVE


テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

タグ : AKRON/FAMILY

『カート・コバーン アバウト・ア・サン』

Mon.03.12.2007
0 comments
kurt

12月1日、シネ・ウインドで>『カート・コバーン アバウト・ア・サン』を観てきた。

去年は部活の仲間たちでカートをモデルにした『ラスト・デイズ』という物語を観に行ったが、今回のこれは伝記映画。
マイケル・アゼラッドが行ったインタビューの録音テープに残されたカート本人の語りが映画の中心で、それにあわせてカートの過ごした土地の風景と、カートの愛した音楽が流れるという感じだった。ニルヴァーナの音楽は全く流れないし、カートの映像も殆ど使われていない。

こういう構成に最初は少し退屈してしまったが、高校時代にパンク・ロックと出会い、バンドを組むというエピソードが語られる辺りから俄然面白くなってきた。また、妻のコートニー・ラヴと娘のフランシスについて語る場面では、カートの家族への深い愛情が伝わってくるようだった。

この映画を観ている間、僕はカートと同じ時間を過ごしているような錯覚を覚えた。
最後に、「カート・コバーンは 1994年4月5日に自殺した」という表示が出たとき、涙がぼろぼろとこぼれてきた。
だって、彼は心の底から音楽を愛し、家族を愛していたのだ。彼は心優しい、ごく普通の青年だったのだ。彼がもし生きていたら、今でもすごい音楽を作り続けていただろう。そう思うと、たまらなく悲しくなった。

この映画には、マスコミによって「ロック・スター」に祭り上げられたカート・コバーンの姿は見当たらない。若くして自殺したことで、彼は神格化されてしまった。そのせいで彼の本当の姿が見えなくなってしまった。
僕も中学のとき、思春期特有の心境から、自殺をしたカートに憧れていた。僕が洋楽に興味を持ち始めた頃には、彼はとっくに死んでいたのだ。間に合わなかった音楽への憧憬もあって、僕はニルヴァーナに心酔した。自分の部屋にはカートの写真と、『ネヴァーマインド』のジャケットのポスターまで貼っていたくらいだ。

だから僕もカートの真実の姿を知らなかったのだ。この映画を観て、彼は別に特別変わった人間でもなんでもないんだということを知った。そして、そこにとても親しみを覚えた。

しばらくはニルヴァーナのCDを聴き返してみようと思う。


『カート・コバーン アバウト・ア・サン』 トレイラー


NIRVANA 「In Bloom」 まったくふざけたPVだ。でも最高。



テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : nirvana カート・コバーン アバウト・ア・サン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。