DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hefner 『Breaking God's Heart』

Sat.15.12.2007
0 comments
hefner

ここ日本でHefnerというバンドを知っている人が何人いるだろうか。今ではすっかり忘れ去られているかもしれない。でも本当に素晴らしいバンドだ。

このバンドの音と出会ったのは今年に入ってからのこと。新潟市にあるアールストックという中古盤屋で流れていたのを聴いて、ああいいな、と思った。そのときは買わずに帰ったのだが、その音がどうにも忘れられなくて、次に店に行ったときに買ったのだった。

僕が何より惹かれたのは、トム・ヴァーラインを思わせるボーカルとカチッとしたギターの音、そしてそんなエッジの効いた音があるにもかかわらず全体的にはなよなよとして冴えない雰囲気がかもし出されているところだ。
大まかに言えばギターポップということになるのだろうが、多くのギターポップのバンドが表面的でわかりやすいポップさしか表現できないのに対して、このHefnerは地味ながらもじんわりと心に沁みるメロディーを持っている。

1stアルバムであるこの『Breaking God's Heart』は雑然としている感じはあるが、その才能を思い知らせるには十分な魅力を秘めている。4曲目の「Love Will Destroy Us in the End」は1度聴いたら忘れられない名曲である。

彼らは今では解散し、ボーカルのダレン・ヘイマンがソロで活動している。最近発売されたダレンの2ndアルバムを試聴してみたがこれも素晴らしいものだった。近いうちに購入してじっくり聴いてみたい。

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

タグ : Hefner ヘフナー

« ジャック・ケッチャム 『地下室の箱』 | home | ミシェル・ウエルベック 『ある島の可能性』 »

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。