DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANIMAL COLLECTIVE 『Sung Tongs』

Mon.31.12.2007
1 comments
st

冬になると聴きたくなるアルバム。冬の透き通った空気がこの『Sung Tongs』にはそのまま閉じ込められているかのようだ。

久しぶりに聴いてみたのだが、アコギを中心にしてこんなにも多彩なアルバムを作れるのかと、改めて驚かされた。
いい曲ばかりだけど、特にメンバーがウサギとカメに扮したPVが最高な「Who Could Win A Rabbit」と「Winter's Love」はメロディーが美しい名曲だ。

僕がアニコレを好きなのは、自然や動物の繊細さと獰猛さを一曲一曲に感じるからだ。そして彼ら自身が、動物みたいだからだ。

Animal Collective - Who Could Win A Rabbit


Animal Collective - Winter's Love


Animal Collective - Interview (2003)





スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

タグ : ANIMALCOLLECTIVE sungtongs

« Cornelius 『POINT』 | home | 今年の音楽を振り返ってみる(改) »

comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。