DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cornelius 『POINT』

Sun.06.01.2008
2 comments
point

毎年恒例の「小山田圭吾の中目黒ラジオ」を聴いてから、やっぱり、コーネリアスっていいなあ、と思った。そこで、しばらく棚で眠っていた『POINT』を引っぱり出して、卒論を書きながら聴いている。
これには本当に衝撃を受けた…。コーネリアス自身にとっても、世界の音楽シーンにとっても、まさに画期的なアルバムだったんじゃないか。
最新作『SENSUOUS』が出たときは、『POINT』よりすげえ!と思ったんだけど、今聴いてみると、やっぱり『POINT』のほうがすげえ!なんて思う。まあでも、両方良いところがあって単純にはいえないのだが。『SENSUOUS』は音にとても暖かみがあっていいし、『POINT』は無機質だけどそこがカッコいい。

このアルバム、2.「POINT OF VIEW POINT」のイントロと4.「DROP」のイントロがたまらなくいい。音がどんどん重なっていくだけで、こんなに気持ちいいもんなのか。「感覚が研ぎ澄まされていく」っていう感覚は、この瞬間にこそある。最高。
そして、身の周りにある物事を斬新なアイディアで撮ったPVも素晴らしい。これらを観てると、子どものときの感覚を思い出すなぁ。


Cornelius - Point of view point


Cornelius - Drop


Cornelius - Tone Twilight Zone







スポンサーサイト

タグ : cornelius point sensuous

« 大森望・豊崎由美『文学賞メッタ斬り!』 | home | ANIMAL COLLECTIVE 『Sung Tongs』 »

comment
あけまして+誕生日おめでとう

新年会は君のせいで爆笑でした
かわいそうなこまがた・・
どうもありがとう。

azさんはかわいそうと言うけど、おれはコマガタのためを思ってるんだよ。ほんとだよ。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。