DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍盤『ユリ・ゲラー』

Sun.27.01.2008
0 comments
uri1

今日は街で何枚かCDを買ってきた。去年話題になったDirty Projectorsとか、Cobblestone Jazzとか。しかし、しょーもないもんまで買ってしまった。昔日本で大ブームになったユリ・ゲラーのアルバムだ。

俺が小さい頃この人はよくテレビに出ていて、超能力を電波に乗せてスプーン曲げとか壊れた時計を動かすとかをやっていたな。今、何してるんだろう。ネットで検索すれば分かるんだろうが、特に調べる気にもならない。そんなこと、どうでもいいわ…。
こんな風に俺を無気力にしたのはこのCDだ。はっきり言って笑いのネタ以外の何物でもない。確かに純粋な好奇心から、ずっと聴いてみたいとは思っていた。しかし、こんな金の無いときに、なぜ俺はユリ・ゲラーなんかを買わなくてはならないのか。ユリ・ゲラーを買うお金(1500円)で、もっと心の深遠に響くような、素晴らしいアーティストたちのアルバムを買えたはずだ。それがなぜユリ・ゲラーになってしまうのか…、俺は自分が分からない。Owenが、Juana Molinaが、ゆらゆら帝国が(これらはもっとアルバムを買って聴いてみたい人たち)、俺に親しげに手を振っている。「僕たちのアルバム、買ってね!」と。しかしその光景は、ユリ・ゲラーの濃いジャケットと甘く切なげなヴォイスにかき消されてしまうのだった…。

uri
↑このようにぐるんぐるんに巻きの入ったフォントが印象的な、ユリ様のアルバム。

癒し系なBGMに、ユリ様の胡散臭いことこの上ない日本語による語りが乗せられる。
「フカァーイ…フカァーイ…ナガァーイ…ヒロォーイ…○○○(聴き取り不能)…ワタシハソコデ、水タチノヨウニ、浮イテイル……星タチハ、ミンナニテイマス…アナタト、ワタシガ、ニテイルヨウニ…」(2.「ヴェルヴェット・スペース」)
ああ、なんて甘い囁きなんだ…。なんだか頭がぼーっとしてきた。

最後の「ムード」という曲は、ユリ様のスプーン曲げ指南だ。
「タダ無心ニ、ナニカヲ手ニトリアゲヨウ…ソレガ、フォークデアレ、スプーンデアレ、ナンデモイイ…(中略)ココロノナカデ、マァガレ、マァガレ、ト、クリカエス…」

次に引用する部分は、ユリ様の甘い声のせいで、とてもエロく聴こえる。
「ユビノサキデ、ソットナゾル…ウエカラシタヘ…キンゾクニ、ジカニ触レ、ヤサァーシク、ソォーット、ナデテヤル…マァガレ、マァガレ…」

スプーンを曲げられなかった人のために、こんな言い訳も用意してある。
「モシ、マガラナクテモ、ケッシテ、気ヲ落トサナイデ…ダレガヤッテモ、イツデモ、起コルトイウモノデハナイカラデス…タダ、チャンスニ、メグマレナカタダケノコト、アルイハ、ムードガ、シックリシナカッタノデショウ…ワタシニダッテ、ヨクソンナコトガ、アルノデス…」

ユリ様の甘い囁きに夢見心地になった俺は、スプーンをそっと手に取り、「マァガレ、マァガレ」と念じた。しかしスプーンは曲がらない。しばらくして、ユリ様が言い訳を始めた。俺は激昂し、コンポから取り出したCDを渾身の力でぐにゃぐにゃに曲げたのだった。



「ヴェルヴェット・スペース」


「ムード」

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

« Dirty Projectors 『Rise Above』 | home | おおひなたごう 『銀河宅配便マグロ』第1巻&漫☆画太郎 『世にも奇妙な漫☆画太郎』第2巻 »

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。