DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェス・アンダーソン 『アンソニーのハッピー・モーテル』

Sun.03.02.2008
0 comments
anthony

最も好きな映画監督、ウェス・アンダーソンの処女作をやっと観ることができた。
精神療養施設から退院したアンソニーが、悪ガキな相棒のディグナンと金持ちのボブと一緒に強盗をして、逃亡して…と書くと、とても悪そうな奴らの犯罪映画に見えるが、全然違う。むしろ主人公たちはみんな純粋で間抜けな奴らばかりだ。ウェス・アンダーソンの映画の主人公はみんなどこか頭のネジが外れている。
この映画を観ると、ウェス・アンダーソンは処女作からすでにウェス・アンダーソンだったことがわかる。意識的にハズシたストーリー作りをしているし、監督のファンにはお馴染みの俳優がたくさん出てるし、音楽の使い方のセンスは最高だし。
主人公の二人を演じたウィルソン兄弟はこれ以降の作品にも深く関わることになるけど、やっぱり存在感があるなあ。『ライフ・アクアティック』で主演だったビル・マーレイもそうだけど、監督と俳優とのいい交友関係が映画を観ていても伝わってくる。良い人脈が良い映画を作るんだなあ。こういう人たちを俺は「偉大なるアンダーソン家の人々」と呼びたい(オーソン・ウェルズの『偉大なるアンバーソン家の人々』に引っ掛けてるわけです。我ながらウマイ)。

アンソニーがモーテルで働く女の子に恋をする純粋さと、ディグナンが理想を追いかけ続ける純粋さには感動する。まるでペイヴメントの音楽みたいな、愛すべき間抜けども。やっぱりウェス・アンダーソンは最高だなー。


トレイラー
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タグ : ウェス・アンダーソン 映画 アンソニーのハッピー・モーテル ライフ・アクアティック

« アニコレ/ゆら帝/不動産 | home | ウディ・アレン 『タロットカード殺人事件』 »

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。