DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『JOANNA NEWSOM & THE YS STREET BAND EP』

Sat.19.05.2007
3 comments
joanna newsom

ハープの弾き語りをする異色のアーティスト、ジョアンナ・ニューサムの新しいEPが出た。

曲数は3曲と少ないけれど、内容がとても濃い。アルバム並みに聴かせる素晴らしい作品だ。

全曲良いけれど、僕がこれを聴いて一番感動したのは、新曲『COLLEEN』でも、前作からの『COSMIA』でもなく、1stアルバムからの『Clam, Crab, Cockle, Cowrie』だった。

『Clam, Crab, Cockle, Cowrie』は1stアルバムのラストを飾る、とても静かな曲だ。このEPで男性のバッキングボーカルが加わったこと以外にアレンジの変化は見受けられないが、大きく変わったものがひとつある。
それはジョアンナ・ニューサムの声だ。1stアルバムのときと比べても、格段に深みが増しているように聴こえる。この曲の歌詞は少し寂しい。でも彼女の声はすごくあたたかい。何もかも洗い流してくれる、そんな優しい声。

この人の存在を教えてくれたT山くんに感謝しなきゃな。僕は素晴らしい友達を持ったよ。






スポンサーサイト

テーマ : 女性アーティスト - ジャンル : 音楽

タグ : JOANNA NEWSOM ジョアンナ・ニューサム YS フリー・フォーク ハープ

« アニコレ祭だよ~ | home | 『シャイニング』&『サイコ』 »

comment
oh!
このアーティストヤバイいいね。
実は、私が普段聴く音楽はほとんどが女性ボーカリストの曲。

自然体な感じがたまらないね。
でも皮膚の一枚下に、情熱をかんじる。
声もステキだし。
あぁ~英語の歌詞がわかったらいいなぁ、と思う瞬間だ。

しかし、この人の経歴が気になるなぁ。
なぜハープなんだろ?

T山君って、すごいねv
CD是非かしてほしいよ。
シンジさんのブログからこれたので…

u1さんBoards of Canada聞くんですか?個人的にDayvan Cowboy のプロモとか大好きなんですが。

あとシャイニングも2ヶ月ぐらい前にみました。ジャックニコルソンが斧もって暴れまわるところがすさまじかったです。


2人とも、コメントありがとう。すごく嬉しいっす。ブログやってて良かったと思う瞬間です。

>mama
ジョアンナ・ニューサムは8歳からハープを弾き始めて、ケルト音楽、西洋クラシック、西アフリカンなどのハープを学んだそうです。この人にはハープしか無かったのかもね。声もすごく合ってると思う。おれは女性アーティストの曲をあまり聴かないけど、この人は大好きです。

T山君はすごいよ。あまり有名ではないけど良いものをたくさん聴いてる。

今度CD持ってくよv-222

>コマガタ
ボーズ・オブ・カナダはすごく好きで、よく聴いてるよ。さっきDayvan Cowboyのプロモを(初めて)見たんだけど、かっこいいね~。最高だ。

ジャック・ニコルソンも最高だね。おれもあんなオヤジになりたい。いや、なりたくない。うーん……
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。