DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるり 『HOW TO GO』

Wed.06.06.2007
0 comments
howtogo

また「くるり」ぃ~?という声が聞こえてきそうですが、我慢してください。azさんに貸したついでに、このCDについて何か書きたくなりました。
以前にも『ワンダーフォーゲル』について書きましたが、今回のシングルがいちばんのお気に入りです。

タイトル曲の『HOW TO GO』が大好きです。くるりの曲の中でも一、二を争う渋さですが、そこがいいのです。恐ろしく完成度の高い、しかもものすごくかっこいい曲。どこにも文句の付けようがないし、いくら褒めても足りない。完璧です。

そしてカップリングの『すけべな女の子』がまた素晴らしいです。実はこの曲がきっかけでシングルを集め始めました。

「いったいどんな歌詞なんだろう?タイトルが『すけべな女の子』、ってことは……とってもすけべな歌詞に違いない…」という、全く救いようのないエロ真っ盛りの中学生的な発想から、この曲だけを目当てにシングルを買ったのです。実際に聴いてみるとそれほどすけべではなく、とてもとてもがっかりした覚えがあります。「期待してたのに!全然すけべじゃないじゃないの!」ってな感じで。でもすごくかっこよくて、すぐにこの曲の魅力にとりつかれてしまいました。まったく、いーい曲ですよ。

このシングルが出た頃は、メンバーの脱退を乗り越えて、かつての打ち込みをベースにした音作りから再びバンドの音を取り戻した時期でもあります。バンドにしか出せない力強い音で新たな出発点に立ったシングル『HOW TO GO』は、「俺ら、これからも前進していきますんで」という彼らなりの宣言だったんだと思います。リアルタイムでこれを聴いたら、マジで感動していたんじゃないかな。

こんなふうに壁にぶち当たってスタイルを変えてまでも、バンドとして転がり続けているから、僕はくるりを愛さずにはいられないんだろうな。


『HOW TO GO』PV


『すけべな女の子』PV




スポンサーサイト

テーマ : お気に入りミュージシャン - ジャンル : 音楽

タグ : くるり ワンダーフォーゲル すけべな女の子 HOWTOGO シングル

« くるり 『THE WORLD IS MINE』 | home | くるり 『JUBILEE』 »

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。