DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるり 『ワルツを踊れ Tanz Walzer』 その2

Fri.13.07.2007
0 comments
walzer

『ワルツを踊れ』を買ってから、毎日毎日、何度も繰り返し聴いている。けっこうポップな曲が多いのに、全然飽きない。それどころかどんどん良さが増してくるのだ。これはすごいことだ。

今日はなんだか不思議な気持ちだった。古町に用事があって、車の中で久しぶりに『さよならストレンジャー』と『THE WORLD IS MINE』を聴いたのだが・・・なんかあんまりぱっとしない。聴いても今までのような感動が無い…。これは僕にとってちょっとしたショックだった。あんなに好きだったのに、何も感じなくなってるなんて!
『ワルツを踊れ』の衝撃があまりに凄まじかったせいで、不感症になってしまったようだ。

そういうわけで、また車のプレイヤーに『ワルツを踊れ』を入れなおした。やっぱりいい。すごーーーーーく、いい。数多くのロックを聴いているつもりだけど、ここまで手放しで大傑作といえるアルバムには出会ったことがないんじゃないか。前にも書いたけど、とにかく楽しい。このアルバムを聴いている間は、おれは無敵。幸せでいっぱい。

前半の2.『ブレーメン』→3.『ジュビリー』→4.『ミリオン・バブルズ・イン・マイ・マインド』の流れがたまらない。
後半では10.『コンチネンタル』→11.『スロウダンス』→12.『ハヴェルカ』の流れが最高!
これらの部分になると僕の車の中ではひとりカラオケ大会が繰り広げられる。まあ、他の曲もしっかり歌っているけれども。この部分は特に力を込める。


こんなところを知り合いに見られたりしたら僕はもう生きていけない。




スポンサーサイト

タグ : くるり ワルツを踊れ コンチネンタル ハヴェルカ スロウダンス ブレーメン

« アニマル・コレクティヴの新作は絶対すごい | home | 青春& ECHO & THE BUNNYMEN »

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。