DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bunkamuraザ・ミュージアム 「ルドンの黒」展

Thu.16.08.2007
0 comments
redon

渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催されている「ルドンの黒」展を観てきました。
午前中から観に行ったのですが、けっこう混雑してました。この快晴の日にわざわざ地下の展示室でルドンの絵を観ようと考えた皆さんを心の底から尊敬します。

オディロン・ルドンって、いいですよねぇ。フランスの印象派の画家たちが光の表現を追い求めていたのとは全く逆で、「黒」を根源的な色と見做してひたすら異形の生き物たちを描いてたんだから、すごいです。そしてその特異さが現代でも全く色褪せていないのがまた驚きでもあります。ルドンが考え出した生き物たちは現代の僕たちの心の中にも確実に生きているんでしょう。他に観に来ていた人たちを観察してみても分かるんですが、一人ひとりがまるでその生き物たちと対話するかのように、その絵の世界が自分の心の中ででもあるかのようにじっとその絵を覗き込んでいました。この展覧会の副題は「目をとじると見えてくる異形の友人たち」ですが、まさにそうですね。彼らは僕らの友だちです!どんなに気持ち悪くても仲良くしてあげましょう。



スポンサーサイト

テーマ : 絵画 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ルドン bunkamura ルドンの黒 蜘蛛 印象派 絵画 フランス 美術館

« DUKE PEARSON 『SWEET HONEY BEE』 | home | くるり 『言葉はさんかく こころは四角』 »

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。