DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スパイダー 少年は蜘蛛にキスをする』

Wed.29.08.2007
2 comments
spider

久しぶりに映画を見た。2,3日に1本は映画を見るという目標を密かに立てていたが、なかなか出来ないものだ。
これはデヴィッド・クローネンバーグの1本前の映画。最新作『ヒストリー・オブ・バイオレンス』は去年シネ・ウインドでもやっていたのだが、いろいろあって観ることがまだ出来ないでいる。でも『スパイダー』を観たらこれもすごく観たくなった。近いうちに絶対借りてこよう。
『スパイダー』は本当に良かった。ストーリーは後の展開が予測できるくらい分かりやすいから、映画にストーリーの良さだけを求めるような人にはつまらないかも知れない。でも僕にとってはすごく面白かった。ストーリーが分かりやすいのは、あえて無駄を省いているからだと思う。だからただ凡庸であることとは違う。そしてひとつひとつのショットもまた無駄が無くて、そこが本当に素晴らしい。
映画のテーマにおいてはデヴィッド・リンチと通じるところがあるが、こっち(クローネンバーグ)のほうがずっと面白いんじゃないか。最小限の構成で登場人物の心理を表現しようとする姿勢はとても好感が持てるし、正しいことだと思う。一方リンチの代表作は、観る人にとって理解不能な部分とか、強烈に違和感を感じさせる人物とかが必ず出てきて、「わけがわからなくてもいいんです」「解釈は観る人次第です」という姿勢を新作が出る度に表明してしまっている。これじゃあ発展しないわけだよなぁ……。まあこれはこれで好きだけど。





スポンサーサイト

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

タグ : クローネンバーグ スパイダー 映画

« アキ・カウリスマキ 『街のあかり』 | home | アニコレ新着情報その2 »

comment
はじめまして。通りすがりのクローネンバーグファンです。 スパイダー地味だけどよかったですよね。誰もいない通りの映像とか好きです。ヒストリーオブバイオレンスも無駄のない素晴らしい作品だったと思います。ぜひ観てくださいな。
リンチの新作も観ましたが盛況のようでした。(内容は予想通り)クローネンバーグももう少し評価されてもいいんじゃ?と思うのは私がファンだからでしょうか?(笑)
では。
卯月さん、初めまして。
僕も、クローネンバーグはもっと多くの人に観られるべき監督だと思います。ホラー映画のイメージを未だに強く持っている人がいるとしたら、その人はかなり損してると断言できますね。
ヒストリー・オブ・バイオレンスも楽しみです。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。