DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANIMAL COLLECTIVE 『STRAWBERRY JAM』

Mon.10.09.2007
0 comments
ac

遂にANIMAL COLLECTIVEの新作がリリースされた。今の僕にとってアニコレはくるりと同じくらい大切なバンドだから、これはまさに待望のアルバムだ。
前作『feels』は、森の中をずんずん歩いて行くうちに知らない世界にトリップしてしまったような高揚感を与えてくれるものだった。原始的なリズムと素晴らしいメロディーで彼らが見せてくれた世界は、僕にとってものすごい衝撃だった。
『STRAWBERRY JAM』は、そういった核の部分はそのままに、より多彩な世界を繰り広げた作品だ。前作のリリース後に行われた世界の様々な土地でのセッションや、パンダ・ベアのボーカル曲がいきなり増えていることなどがその要因だろう。彼がソロ作『PERSON PITCH』で表現した楽天的なポップさが、今までのアニコレの作品にはなかった色を加えているのだ。

それでも、やっぱり僕はエイヴィ・テアのボーカル曲が好きだ。
「Peacebone」や「For Reverend Green」は去年の来日公演でも演奏されて、ライブが終わった直後から今までずっと頭の中で鳴り響いていた曲だ。特に「For Reverend Green」なんかはライブの1曲目に演奏された曲だから特に思い入れが強い。コーラス部分で照明がパッと明るくなった瞬間の、えもいわれぬ高揚感と幸福感は今でも忘れられない。『feels』からの曲を期待していたオーディエンスは度肝を抜かれただろう。この曲を聴くだけで、本当にあのときの興奮が蘇ってくる。
そしてなんといっても素晴らしいのは5曲目の「Fireworks」だ。歌詞は「ずっとこの味を舌から消し去ろうとしてる/君のことだけを夢見ていた」という冒頭から、少年時代のお祭りの日の回想へと展開していく。胸を締め付けるような想いが、どこか懐かしいメロディーに乗せて吐き出される。次第に感情が昂って制御が利かなくなったように、エイヴィのボーカルはところどころ絶叫に変わる。
僕はこの曲を聴くたびに、どうしても泣きそうになる。夏が終わっていく寂しさを感じて、感傷的になってしまうのかもしれない。僕は花火を観ている人たちの楽しそうな顔を見るのが好きだ。でもそれもやがては思い出になって風化していった。だから今年は一緒に花火を観た大切な人たちの顔をしっかりと目に焼き付けておくのだ。そしてもしそれを忘れそうになったら、ANIMAL COLLECTIVEを聴けばいい。苺のジャムみたいに甘酸っぱい想いが詰まったこのアルバムが、大切な人たちとの日々をきっと思い出させてくれるだろう。



「Fireworks」PV



「For Reverend Green」live



「Peacebone」PV




スポンサーサイト

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

タグ : ANIMALCOLLECTIVE アニマル・コレクティヴ PANDABEAR strawberryjam アニコレ

« 明日はくるりのライブ | home | Eric Copeland 『hermaphrodite』 »

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。