DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるり 『さよならストレンジャー』

Sat.31.03.2007
2 comments

 

日本人アーティストの中でいちばん好きなくるり。

『アンテナ』をゲオで借りて聴いたのがこのバンドとの出会いだった。

そのときの感想は「うわっ!かっこ悪っ」……。大学に入学したばかりでロックに激しさしか求めないアホ少年には、その深さがぜんぜん分からなかった。

大学生活を続けていくうちに、心境も音楽の好みも変わり、くるりの良さもだんだん分かってきた。今ではくるりの音楽が無いとだめだ。やってられない。

 

このアルバムはいつ聴いてもなんだか切ない気持ちにさせられる。タイトル曲『さよならストレンジャー』『傘』『ブルース』の狂気と紙一重の世界、『ランチ』『東京』『トランスファー』で描かれる、迷いや希望が入り混じった気持ちは、全部今の僕らの日常とぴったり当てはまるものだ。

だからこそいつでも聴いていたくなる。「今の自分の気持ち」を、このアルバムを聴くことで確かめたり、慰めたりする。

 

もしかしたら、もっと歳をとればまた心境も変わって、代わりの歌が必要になるのかもしれない。

でもそれまではずっと、くるりと一緒だ。

 

 

 

スポンサーサイト

« くるり全国ツアー決定! | home | 東京での収穫 »

comment
初コメントです、こんにちは。
こんな日記!反応しちゃうよ・・
さよならストレンジャー、名盤ですね
実はコーネリアスも昔聴いてたよ。
失礼だけど、まだいたんだね・・・・
azさん、コメントありがとうございます。
まさに「青春の一枚」ですよね~。
コーネリアスはなかなかアルバム出さないから、そう思うのも仕方ないよ…。でも『SENSUOUS』は歴史に残る傑作だから、絶対聴かないとだめだよ!!!!!
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。