DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くるり ツアー2007 「ふれあいコンサート」

Thu.13.09.2007
0 comments
qrl

新潟県民会館で生くるりを観た!
今は13日の昼間で、昨日のライブを思い出している。本当に、素晴らしかった。

セットリストの順番はよく覚えていない。でも『ワルツを踊れ』からの曲は入場BGMの「ハイリゲンシュタッド」以外全部演奏してくれた。そして他のアルバムからも数曲。
くるりがステージに登場して「ブレーメン」のイントロが始まったときはもうすでに涙目。
『ワルツを踊れ』からの曲は、とにかく楽しかった。岸田繁の変態丸出しの弾き語りから始まった「ハム食べたい」とか、間奏で指揮棒を振ったりしていた「アナーキー・イン・ザ・ムジーク」とか。みんなで手拍子を叩いた「スロウダンス」やアコギの音色が美しい「レンヴェーグ・ワルツ」はもっと感動した。

他のアルバムからの曲はやっぱり別格だ。「ワンダーフォーゲル」「ロックンロール」はとても盛り上がった。「ばらの花」は泣いた。

最後の最後に、くるりは「東京」を演奏した。
岸田のギターからあのイントロが鳴らされた瞬間からもう涙が止まらなかった。僕はこのときの「東京」を一生忘れないだろう。

ライブ終了後は会場の入り口で煙草を吸いながらしばらくぼーっとしていた。
音楽を聴いて泣けるのは本当に素晴らしいことだ。僕はくるりと出会えてとても幸せだと思う。本当に、ありがとう。







スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

タグ : くるり ライブ 新潟県民会館 ワルツを踊れ ワンダーフォーゲル ロックンロール 東京 ばらの花

« BLACK DICEの新作発売が決定 | home | 明日はくるりのライブ »

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。