DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローネンバーグ 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』

Mon.17.09.2007
0 comments
violence

やっとクローネンバーグ監督の『ヒストリー・オブ・バイオレンス』を観た。
いやー、マジですごい!これが分からなきゃ映画を観る資格はない、とさえ言ってしまいたくなる傑作だ!!

ストーリーはなんというか、ありきたりで、こんな感じだ。
「ダイナーを営むトムは、店の客に銃で脅されるが、相手の隙をついて銃を奪い、殺してしまう。正当防衛で町のヒーローになったトムだが、彼の過去を知っているという謎の男が現れ…。妻と2人の子どもと幸せに暮らしていたトムの過去が、ゆっくり明らかになっていく。」(AMAZONより)
これだけ読めば単なるB級映画だ。でもクローネンバーグはやっぱりすごい。徹底的に無駄を省いた撮り方で、最後のショットまで全く予想のつかない展開を観せてくれる。こういう手法は前作『スパイダー』からのものだが、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』ではそれがさらに研ぎ澄まされて断然面白くなっている。そして次の作品ではもっと面白いことになりそうな予感さえ漂わせていて、本当にすごいと思う。


『ヒストリー・オブ・バイオレンス』トレイラー





スポンサーサイト

テーマ : 洋画 - ジャンル : 映画

タグ : クローネンバーグ 映画 ヒストリー・オブ・バイオレンス スパイダー

« ミス・パックマン | home | BLACK DICEの新作発売が決定 »

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。