DISKAHOLICS ANONYMOUS DAYS

プロフィール

uich

Author:uich
シネフィルに憧れます。
一人称が安定しません。

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
最近のトラックバック

芸術に触れたときの感動を忘れないためのブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小津安二郎 『東京物語』

Wed.26.09.2007
0 comments
tokyo

僕は人から勧められた映画をあまり観ない。自分が必要と感じたときに観るのが一番いいと思っているからだ(そのくせ、人にはやたらと自分の観た映画を勧めるが…)。
小津安二郎の映画は、映画部の友達からずっと前に勧められていたが、なぜか気が乗らなくて、全然観ていなかった。じゃあ今回観たのはなぜかというと、大好きなアキ・カウリスマキが小津安二郎の影響を受けていると知ったからだ。

とりあえず代表作の『東京物語』を観たのだが、………いやー、素晴らしい!友達の言うことをあのときちゃんと聞いていればよかったと、激しく後悔した。Kくん、ごめん。俺は大馬鹿だ。
とにかく、切り返しのショットがとても印象的だ。あの真正面から人物を捕らえる撮り方にとても衝撃を受けた。
主人公の老夫婦が連れ添う姿には非常に感動した。映画を観ている間、僕はこの老夫婦がまるで自分の家族みたいに愛おしく思えた。
老夫婦の息子の未亡人役の原節子は本当に美しい。

なんだか、小津監督の映画には全てがあるように感じた。現代の世界中の映画監督に影響を与えているというのも、納得。










スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

タグ : 小津安二郎 東京物語 笠智衆 映画

« THE GO! TEAM 『PROOF OF YOUTH』 | home | ゆら帝聴いてゆらゆら »

comment
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。